戸田恵子:63歳、独身の気ままな私生活を語る 食事は「粗食」、強烈な匂いの黒ニンニクにハマり中 「徹子の部屋」に出演

]

1 / 3

4月14日に放送される「徹子の部屋」に出演する戸田恵子さん=テレビ朝日提供

戸田恵子:63歳、独身の気ままな私生活を語る 食事は「粗食」、強烈な匂いの黒ニンニクにハマり中 「徹子の部屋」に出演

女優の戸田恵子さんが、4月14日に放送される黒柳徹子さんの長寿トーク番組「徹子の部屋」(テレビ朝日系、月~金曜午後1時)に出演する。現在63歳、独身の戸田さんは、気ままに楽しんでいるという私生活を語る。

家事も必要最低限、自宅の食事は「粗食」だという戸田さん。最近は黒ニンニク作りにハマっているという。買ってきたニンニクを保温して熟成させ、食べやすくしたもので、作り方は簡単だが匂いが強烈で一人暮らしでないと難しいと語る。

また、番組では父親についての話題も。戸田さんの両親は子供の頃に離婚。以後は母と2人で暮らしてきたが、母は16年前、4年間の自宅介護の末に亡くなった。父とは長い間、1年に1度、地元・愛知県を旅公演で訪れた時に芝居を観てもらうくらいしか会う機会がなかったという。しかし数年前に父が病気で目を悪くしてからは、介護施設に入所、通院するときなどは戸田さんも地元に帰って付き添うように。ところが、新型コロナウイルスの感染予防のため面会禁止となり、通院の付き添いも感染者数の多い東京から行くのが難しくなってしまったと明かす。

父に会えない状態が続き、思い切って「東京の面会ができる施設に移らないか?」と提案したところ、「行く!」と二つ返事で上京が決まり、現在は東京の施設で暮らす父に週2回、面会しているという。母と暮らしていた時には想像もしていなかった展開になったというが、父の元気な様子に安心しているとも話す。

坂東工 超ハイスペ“独身貴族”役オファーに「悪そうな男なので、どうしようかな、と(笑)」

]

4月29日(木)22時より放送される、フジテレビ『レンアイ漫画家』第4話に、坂東工のゲスト出演が決定した。坂東が、フジテレビ系のドラマに出演をするのは、今回が初となる。

『レンアイ漫画家』は、鈴木亮平演じる漫画一筋で恋愛が苦手な天才少女漫画家・刈部清一郎(かりべ・せいいちろう)と吉岡里帆演じる夢なし、彼なし、仕事なしの崖っぷち女子・久遠あいこ(くおん・あいこ)が織りなす、この春一番ピュアな不器用ラブコメディ。

顔出しNGの天才漫画家・刈部まりあこと、刈部清一郎は、大ヒット恋愛マンガ「銀河天使」の設定を令和の日本に移したものの、引きこもり故に令和のリアルな恋愛が描けず、困窮していた。

偶然出会った久遠あいこに、報酬を払うから漫画のネタのために疑似恋愛をして取材してほしいと依頼。あいこはエリートサラリーマンや、年下教師との交流を清一郎に報告することとなる。

だが、次々と常軌を逸した恋愛ミッションを繰り出す清一郎と、ことあるごとにぶつかり合うあいこ。一方、まともな幸せは作家をダメにすると思い込み、孤独な引きこもり生活を送っていた清一郎だったが、亡くなった弟の忘れ形見・レンを引き取ることに。また、あいこと丁々発止を繰り広げるうちに、少しずつその生活に変化が訪れていく…。

第4話で、吉岡演じるあいこの新たな疑似恋愛の相手となる独身貴族役としてゲスト出演することとなった坂東工は、リアリティショー『バチェラー・ジャパン』(Amazonプライム・ビデオ)の司会やクリントン・イーストウッド監督の映画「硫黄島からの手紙」(2006年)に出演。大河ドラマ『西郷どん』(NHK/2018年)では、渡辺謙演じる島津斉彬役の衣装制作を担当するなど多彩な才能を持つ俳優だ。

そんな坂東が演じる八代貴之(やしろ・たかゆき)は、年収2000万、帰国子女、IT企業に務める超ハイスペックで社会的地位の高い独身貴族。清一郎が思いついた次なる恋愛ミッション=“格差レンアイ”のターゲットになる。あいこは、この社会的に地位のある独身貴族を射止めるために、あざとかわいい女子に扮(ふん)し…。清一郎のむちゃぶり恋愛ミッションに、四苦八苦してきたあいこは、八代とうまく恋を発展させることができるのか。

<坂東工 コメント>

――『レンアイ漫画家』への出演が決まった時の気持ちは?

実はフジテレビのドラマ初めてなんです。「縁がないのかなぁ」なんて思っていたので、今回のオファーはうれしかったです。反面、久しぶりの“悪そうな男”の役なので、どうしようかなと(笑)。

僕自身が、某番組のようなデートをするとは思いませんでしたが、面白そうなので参加させていただきました。

――台本を読んだ印象は?

一見すると、「こんなことってあるのかな?」と思いがちですが、実はネタとしては日常にゴロゴロ転がっていることなんじゃないかなと、自分の実体験と照らし合わせながら楽しく読ませていただきました。「いるよな…」と。

――坂東さん演じる、八代はどのようなキャラクターだと思われますか?

手に入る前は、相手の言っていることや振る舞いを受け入れているように見せ、手に入った後は、聞こえてくる言葉は自分が欲しいことだけ。所有と承認の欲しいキャラクターだと思ったので、自分が正しいと思うことに盲目になるように演じました(笑)。

結局のところ、相手は誰でも一緒、自分の世界の住人なのでしょう。怖いことではありますが。

――鈴木亮平さんや吉岡里帆さんとの共演はいかがでしたか?

とても気さくな方たちで、すぐに打ち解けさせていただき、シーンの合間には世界遺産の話で盛り上がってました(笑)。吉岡さんのうるうるした瞳に終始うっとりして、鈴木さんの力強さにヒリヒリしながらでしたが、楽しい時間をありがとうございました。

――視聴者のみなさんにメッセージをお願します。

これから恋愛する方も、されている方も「そんなバカな!?」と思う人が案外たくさんいます。その一例だと思って楽しんで、そして少しだけ自分の周りを見回しながら見ていただければと思います。

バド・桃田賢斗選手 恋愛観を語る!「独身コース」と明石家さんまからツッコまれ「そうはなりたくない(笑)」

]

1月2日(土)15時45分より、フジテレビ系では『新春大売り出し!さんまのまんま』が放送される。

今回は、広瀬アリス、バドミントン男子世界ランキング1位の桃田賢斗、今田耕司が出演する。

桃田選手は今回が番組初登場。まだ26歳と若く、さんまが2024年パリオリンピックについて聞くと「一応狙ってはいます」と意欲を見せる。「挫折もしかけたやろ」という問いには、「何回か辞めようとした」と告白。さらに、さんまから「天才なんだ。何が優れてるの?」「(女性との)出会いはないの?」など、根掘り葉掘り質問される。

そこに合流する形で広瀬が初登場。広瀬は桃田選手と同じ年ということで、さんまがここぞとばかりに「助けてほしい男がいる」「女性の選び方がわからない」と桃田の恋愛相談をする。ところが広瀬は、「結婚願望がない」「人と一緒に暮らせない」と話にならない。

桃田選手からお土産のラケットを渡されても特に喜ぶことなく返そうとし、さんまから「少しは桃田をたてろ!」とダメ出しされる一幕も。そのラケットを使って、3人でバドミントン対決。世界1位のスマッシュがさんまを襲う!?

「バラエティ番組しか見てこなかった」というほどお笑い好きの広瀬は、その中でもNON STYELEとテンダラーの大ファンだったという。そして、いつも明るいアリスだが、あるとき妹のすずに怒られたことがきっかけで、仕事の悩みは家に持ち帰らないと決めたというエピソードを語る場面も。

姉妹仲が良く、最近ではすずと小籔千豊の3人でご飯に行ったと言うと、さんまは「広瀬姉妹とごはんに行けるってすごい」と小籔をうらやましがる。

続いて、広瀬と番組で共演中の今田耕司が合流。今田から“おじさん”な一面をバラされた広瀬は、さんまと今田の2人から「アカンで!」とダメ出しされてしまう。

また、広瀬は、以前この番組でさんまに笑いを叩きこまれたすずから、「ちゃんと持って行くんだよ」とアドバイスされた“手鏡”を持参。果たして、さんまのフリにうまく返すことができるのか。

毎年恒例、今田の「おすすめ芸人コーナー」も今回で16回目。2021年注目の若手芸人たち4組が登場し、広瀬が気に入った1組には「広瀬アリス賞」が贈られる。

このほか、北川景子&中村倫也、藤原竜也、『鬼滅の刃』声優の花江夏樹&下野紘や、KinKi Kids、椿鬼奴が出演する。

<桃田賢斗 コメント>

──さんまさんとの収録を終えて、感想を教えてください。

すごく緊張しました。裏で待機しているときから「どうしよう。どうしよう」ってなっていましたが、実際にお会いしたらすごく話しやすい方だと思いました。最後のほうは楽しくお話しさせてもらいました。

──さんまさんと一緒にバドミントンをしている桃田さんのお姿が印象的でした。

まさか、さんまさんとバドミントンが出来るなんて、バドミントンを続けてきてよかったなって思いました。

――さんまさんはお土産も喜んでいました。

予想以上に喜んでもらえたのですごく良かったです。

──恋愛や結婚観のお話しで「俺と一緒。独身コースやな」とさんまさんのツッコミを受けていましたが。

そのとおりかなって思いました。でも、そうはなりたくないですけど(笑)。恋愛したいなと思います。

──最後に視聴者へメッセージをお願いします。

2021年は世の中の状況も少しずつは良くなってくると思いますし、またスポーツの力で盛り上げていければいいなと思います。